ホットホース Hot Hose

エノアは、低価格で便利なホットホースを提供します。

 

ホットホースはフレキシブルに曲げることができ、FCなどの供試体に接続するにはとても便利なものです。しかしながら、ホットホースと供試体との間の継手を加熱することが出来ないため、その部分の温度低下を招き、加湿ガスなどの場合、その部分で結露し、供試体に悪影響を招いていました。
そこで、その部分だけ追加で保温をするか、又は別の加熱ユニットを装着するなどで対応していました。

エノアの継手部加熱機能つきホットホースは上記問題点を解決し、供試体までしっかりと調整されたガスを供給します。

 

燃料電池用途は元より、防滴仕様の食品用や低温恒温槽内でも使用できる

ホットホースの製作も可能です。

仕様

・フレキ材質:SUS304、SUS316L、テフロン
・温度:MAX200℃
・圧力:真空~1MPa未満
(1MPa以上の場合でも対応可能、お問合せ願います。)
・対応サイズ:1/4"以上
・長さ:300~2,000mm以上

(更に長い長さの場合は、お問い合わせ願います。)
・継手:パイプエンド、Wフェルール、ねじ込み          サニタリーフェルール

従来製品との比較

特徴

〇低価格

〇簡単装着

当社開発製品

ホットホースと制御を同じにする帯状ヒータと保温材が一体化されているため、追加のヒータ、保温材、温度制御ユニットが無くても、ホットホースと供試体(FCなど)間の温度制御と保温がこれ一本で簡単に出来ます。


従来製品 ②

ホットホースとFCの間にホットホースとは別制御のヒータと保温、温度制御ユニットを設置するため、コスト高である。


従来製品 ①

ホットホースとFCの間が保温だけなので、ガス温度が低下し、加湿ガス等なら結露が発生。


装着手順

原型


当社製ホットホースを装着


ホットホースに一体化された

帯状ヒータを継手に装着


帯状ヒータの上からホットホースと一体化した保温材を装着


FC入口ガス温度を

ホットホースで温度制御