燃料電池発電システム

弊社は、燃料電池発電システムの輸入販売を行っています。

定置用から移動用の発電システムまで、幅広く提供いたします。

 

日本の燃料電池技術は世界No.1と言っても過言ではなく、家電メーカーや自動車メーカーが開発している燃料電池の性能は、とても素晴らしいものです。しかしながら それらの燃料電池は、燃料電池単体としては販売されておらず、一般的には購入することができません。また、日本には商業的に使用できる規模の燃料電池を製品化し販売している会社が殆ど無いため、何故か世界No.1の技術を持つ国なのに国産の燃料電池を購入できない状況となっております。したがって、燃料電池を使った発電システムや蓄電システム等を構築したくても、開発すら手を出せない状況になっています。

 

エノアは、そういうお客様の開発を支援いたします。エノアは単に海外の燃料電池を輸入して販売するだけでなく、燃料電池に始めて触れられるお客様に対して、お客様のご要望に応じた燃料電池の選定から、発電評価ができるまでのシステム提供、水素ガス供給のために必要なガス配管工事に至るまで、一貫したサービスをワンストップで提供可能です。お客様の御要望にあった燃料電池、発電システムを海外から輸入し、日本のシステム開発メーカーのお役に立てればと思っております。

 

以下の燃料電池以外にBallard Power SystemsNedstackなども取り扱っていますので、お気軽にお問合せ願います。

 

Hydrogenics社製   Power Module

Hydrogenics Power Module

 

カナダのHydrogenics社製 発電モジュールを提供いたします。

移動体用のHDシリーズには、4.5kW,  8.5kW,  12.5kw,  16.5kW, 33kW, 90kW, 198kW7種類があり、自動車、バスなどの電源として使用できます。

また、定置型のXR, XRL シリーズには、4.5kW, 8.5kW, 12.5kW, 23.5kW, 28kW6種類があり、非常用電源や定置型発電機として使用できます。

Hydrogenics社製   Power Generator

Hydrogenics Power Generator

 

 

 

カナダのHydrogenics社製 燃料電池発電機を提供いたします。

出力は、5kW、10kW20kW30kW, 60kW, 90kW, 120kWの7種類があり、システムラック組込式です。

移動通信基地やコンピュータールームの非常用電源や常用電源として使用で

きます。

空冷式燃料電池発電ユニット

 

 

■特徴:

 起動時に独自開発した触媒活性化シーケンスを組み込むことにより、非常用電源でありがちな、いざというときに出力が出ないということがないため、安心して利用できます。

 

■出力:400~3,000W

 

■電流:0~65A


自立発電システム

 

 

 

 

 

⏴燃料電池

 ユニット

 

 

 

 

 

ガス供給

 ユニット

 

 

 

制御/BT

 ユニット

 

 

■特徴:

  水素を供給すれば完全自立で発電ができ、常用でも非常用でも使用可能です。常用使用時の出力低下、非常用電源で使用する際の触媒活性化シーケンスを機能を搭載。

 

■装置仕様(燃料電池および突起部含まず) 

 ・出力:AC100V, 2kW 

 ・外観サイズ(W×D×H):600×500×1,000mm          

 ■燃料電池ユニット 

 ・燃料電池:空冷式 

 ・出力:2.5kW 

 ・電流 :065A 

 ・電圧 :4265Vdc 

 ・水素供給圧力:1650kPa.G 

 ・運転温度 :室温~65 

 ・外観サイズ(W×D×H): 

  370×126×510

 

■その他 

 ・ 冷却ユニット:空冷ファン 

 ・制御基板 : 1  

 ・ 触媒活性化機能付き

 ・バッテリー(起動時はバッテリーから電源をもらい、

    FC 発電中はバッテリーに充電します) 


非常用電源システム

コンテナーパッケージ例

25kW(5kW×5)非常用独立電源

 

 

   コンテナに搭載した屋外用

    燃料電池発電システム

 

■ 出力:AC200V25kW

 

■ 燃料電池

    ・冷却方式:空冷式 

      ・燃料:水素(99.99%以上) 

   ・供給圧力:1650kPa.G 

   ・出力:5kW×5台 

   ・耐久時間:8,000hr

 

■ コンテナ 

 サイズ:12fit 

  重量:3ton(全て込み)

 


常用発電システム

10kWシステム

スタック

 

エノアが開発した

常用にも非常用にも利用できる

  燃料電池発電システムです。

 

 

■ 出力:4100kW

 

 

■ ご要望に応じて排熱利用にも対応します。

 


ENFC-10 概略仕様 単位 データ
定格出力 kW 10
外観寸法(W×D×H) mm

570×850×1750

●仕様によって変更があります

システム重量 kg <300
燃料 水素(99.99%以上)
水素供給圧力 kPa.G 420~580
燃料電池定格出力

kW

12.5
使用電流範囲 A 0~380
使用電圧範囲 V 30~60
発電効率(スタック) % ~48
冷起動時間 ≦50
アイドリングスタート ≦10
耐久時間(メーカ実績) hr >15,000

空冷式SuSy500

SUSY300

空冷式SuSy500(PEM燃料電池)サブシステムは、周辺コンポーネント及び主制御システムが搭載されているので、専門知識が無くても簡単に設置発電が可能です。

複数のSuSy500を組合せることによって、出力を高めることも可

です。