G500

 G500は顧客に満足して頂く為に特別設計されています。過去の実績の中においても、FCATSでのフラッグシップデザインです。G500はマスフローコントーラーを使用した正確なガス流量制御、正確な加湿制御、スタック冷却、特許技術を用いた背圧制御、セル電圧モニターの拡張性、冷却式電子負荷装置により燃料電池評価の問題を解決します。

 改質ガスシュミレーションとスチーム加湿はオプションとして可能です。G500は12kW燃料電池評価装置として設計されましたが、30kWまで能力UPすることが可能です。

特徴

■ ショートスタック、モジュールの評価に最適
■ 完全自動化による無人運転が可能
■ 実績のある高性能な加湿技術
■ HyWAREⅡTM制御
■ HyALTMによる自動運転に対応
■ 最先端安全システム
■ セル電圧と各種パラメータのモニター
■ 簡単なI/O、診断ツールの拡張
■ スタック冷却
■ 特許技術の背圧制御
■ ドレン水計量機能

オプション

■ MFCの多段制御による幅広いレンジでの高精度な

  流量制御が可能
■ 多種ガス供給制御(濃度一定)
■ 抵抗測定

  (交流インピーダンス法、各セルインピーダンスなど)
■ スチームインジェクションによる高応答加湿制御

  (ボイラーが別途必要)
■ 各種FC電気計測、解析機器を提供可能
■ ドライガスバイパス自動制御
■ FCカバー


Specification G500
パワーレンジ 2-12kW (オプションにて30kWまで対応可能)
ガス流量
標準アノード流量
標準カソード流量
MFC制御(レンジ変更可能)
1.25-250NL/min(最大750NL/min)
3.75-750NL/min(最大1250NL/min)
ガス混合
ガス加湿技術
露点制御
ガス温度
ドライガスバイパス
オプション(濃度一定制御)
スチームインジェクション もしくはコンタクト方式
~95℃(更に高温も可能)
~110℃(更に高温も可能)
オプション(自動制御) 
背圧制御 自動制御
5-300kPa(更にオプションで高圧対応可能)
冷媒冷却
冷媒温度制御
冷媒流量制御
冷媒圧力制御御
別途冷却ユニット 必要
~95℃
自動
自動 
電子負荷装置
最大負荷、電流、電圧

プログラム制御
標準:TDI社製 日本メーカー製電子負荷装置に変更可能(オプション)
12kW、1000A、400V(水冷式、その他仕様に合わせて選定)

セル電圧モニター
標準チャンネル数
平均精度:±1mV
32ch(チャンネルの追加可能)
寸法 2819 x 2261 x 1168
安全機能 ハードワイヤリング、窒素パージ、手動緊急停止他
FCカバー(オプション)